初めての格安スマホ、やれば出来た!毎年節約5万円。

格安スマホとは?!

初めての格安スマホを選ぶ時、私が不安になったことや、口コミサイトなどで調べた情報をもとにまとめてみました。あなたがこのサイトを見て気軽に格安スマホを購入できるとうれしいです。
格安スマホとは、簡単にいうとdocomo、au、softbank以外の会社から出しているスマホのこと。このドコモ、au、ソフトバンクは、MNO(移動体通信事業者)と呼ばれ、スマホを通話や通信可能にする基地局やアンテナ設備を持った会社です。最近では少なくなってきていますが、ほとんどの方はこのMNOと契約しているのではないでしょうか?
格安スマホは、そのMNOから設備を借りて運営している会社のことMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれます。このMVNOがなぜ格安スマホと呼ばれるようになったのかというと、MNOから設備を借りているため、それを維持、運営する人件費などのコストがかからないため、MNOよりも安くユーザーに提供できるスマホなんです。もちろん同じアンテナ、基地局を使っているため、速度やエリアは同等のものです。

 

格安スマホを始めた私の変化

@docomo.ne.jpなどのメールアドレスが無くなった

格安スマホを使った私は、大手携帯会社のメールアドレスが無くなりました。でも、今までも要らないメルマガが沢山きていただけなので、影響はありません。
格安スマホのメールは基本的にGmail。Gmailとは、googleでアカウントを追加すると無料でもらえるメールアドレス。このアドレスは、アプリを落とすときにも使われているので、実際スマホを持っていてGoogle Playからアプリをダウンロードしたことがある人は皆持っていますよ。

 

貯金通帳に月末にお金が残っている

これ結構大事なことなんです。格安スマホに変えて、月5千円程度安くなったので、給料日前に今まで以上にお金が残っているんです。実は少しずつ私も貯金が出来るようになりました。
1年間で5万円から6万円くらいは貯金に回せるので、どこかに旅行に行こうかと考えています。

 

初めての格安スマホでおすすめのMVNO

楽天モバイル

初めての格安スマホ、やれば出来た!毎年節約5万円。

一番使いやすいし、オプションも豊富で、端末セットも安いのは、楽天モバイル。

楽天モバイルの特徴は、5分かけ放題が着いていること。普段ちょっとした電話だと5分もかからないのでこのちょっとした電話が無料で使えるのがとっても節約になります。
コミコミプランなら、本体と基本料金、5分かけ放題のセットで1,880円から。特にスマホ本体にこだわりがなければ、このコミコミプラン対応のスマホを選んでみてはいかがですか?

初めての格安スマホ、やれば出来た!毎年節約5万円。

 

TONEモバイル

初めての格安スマホ、やれば出来た!毎年節約5万円。

月額1,000円でデータ通信量が無制限のTONEモバイルは、TSUTAYAの格安スマホ。店舗でも販売やサポートが受けられますが、ネットで気軽に申込みできるところがいいですね。速度はあまり速くありませんが、小さなお子様のキッズスマホとして、またお爺ちゃんやお婆ちゃんへのプレゼントとしてもおすすめです。本体は、2種類あり、1,9800円のm14(現在品切れ中)と、高スペックのm15。どちらもLINEなどのアプリも入れられるスマホです。

初めての格安スマホ、やれば出来た!毎年節約5万円。

 

ワイモバイル

初めての格安スマホ、やれば出来た!毎年節約5万円。

格安スマホに抵抗がある方は、ぜひワイモバイルを。ワイモバイル自体は、格安スマホを取り扱っていますが、、実は、運営元はソフトバンク。ワイモバイルは、ソフトバンクの低価格で分かりやすい料金体系にしたサービスを提供しています。

スマホプランで一番安いものが2,980円(ニャンキュッパ)でデータ通信量1G、1回あたり10分以内・月300回まで無料通話が付いたプランが人気です。

初めての格安スマホ、やれば出来た!毎年節約5万円。

1,980円(ワンキュッパ)のプランは、データ通信のみでタブレットやWiFiなどに使えるプランです。

 

初めての格安スマホ。機種はどれがおすすめ

格安スマホ端末は、高ければそれなりの高スペック端末が手に入りますが、そんなに高いものは必要ありません。ただ日本製はやっぱり防水などが付いているのでいざという時にも安心です。
楽天モバイルでいうとAQUOSですね!

初めての格安スマホ、やれば出来た!毎年節約5万円。

AQUOSは、皆知ってるSharp製。防水で、カメラも良いし、電池も長持ちです。

 

こんなに簡単。格安スマホの契約方法

格安スマホを契約するには、ネットが便利。身分証明など必要書類は、スキャナで取って送ります。今までと同じ電話番号を使いたい場合は、先にネットでMNP予約番号を取得します。

 

格安スマホキャンペーン